• ひたかさとみ

うつ病になりやすい人とは?

最終更新: 1月16日


段々と冬らしくなってきましたね。

福岡はしばらく曇り空が続きそうです。


冬は日照時間が短くなることで気分が落ちる方がいます。

気分が落ちているのにさらに落ちるのはきついですよね。

うつ病は脳内の神経伝達物質がうまく機能していないことで起きています。

日照時間が短くなると乱れやすくなるわけです。


でも、そうならない人もいます。

何が違うのでしょう。


それは、物事に対しての考え方や行動パターンにあります。

うつ病になりやすい人は、例えば職場なら

仕事をミスなくやり遂げてとても仕事ができる周りから信頼が厚い人

このような人です。


ミスがあってはいけない

合理的に早くたくさんの仕事をしなければならない

周りの人が困っていると引き受けなければならない

評価が気になり高くないとここにいる価値がない

という具合です。


また、対人関係ならば

どう見られているか常に気になる

相手に合わせてしまう

ノーと言えない

過剰な努力をする

自己評価が低い

自分に厳しい

遊び心がない

というような人です。


自分の存在価値を他者の評価で確かめるため

いつも緊張状態になっています。

そうすると脳も疲労して上手く機能せず

自律神経も乱れていきます。

そして、心身に症状が出るのです。


お薬だけで治らない時は

考え方の偏りがあります。

一旦、落ち着いても再発します。


見捨てられ不安からくる思考の偏りを修正して

合理的な考えができれば無理をしなくてすみます。

段々とうつ病は回復していきます。


自分と向き合うのは一人ではなかなか難しいものです。

どこを変えたらいいのかわからないですからね。


カウンセリングでは、認知行動療法でお手伝いできます。

また、当センターではインナーチャイルドセラピーと

組み合わせて行うことで効果を上げています。


どうぞお気軽にお問い合わせください。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして