働く女性のご相談内容

〇職場のストレス

 

働く女性にはいろいろな悩みがあります。

・ 一日の大半を過ごす職場でのストレス
・ 恋愛や夫婦の悩み
・ 対人関係での不安や緊張
・ 心因による体調不良 など

いろいろな悩みを抱え続けると

・ 気分が落ち込んだりやる気が出なかったり(うつ)
・ 不安があるため会社に行けなくなったり
・ 業務の効率が落ちたり
・ 職場で孤立したり
・ パニックを起こしたりと

心と身体に影響が出て 働くのが困難になることがあります。

また、これらの悩みが 自分自身の考え方や性格のため(アダルトチルドレン)ということもあります。

〇不安や緊張

ひと前で話すのが苦手なため、会議や朝礼などに参加することが 不安だったり 緊張したりしませんか?
また、特定のひとに対して過度に緊張したり 不快感や恐怖感があったりしませんか?
職場では 避けて通れないので苦痛ですね。
 

何らかの過去のトラウマが影響していたりコミュニケーションスキルの不足で自信が持てないことなどがあります。

そして、何をやっても上手くいかないのは 自分がダメだからと思っていませんか?
上手くいかないことが続くと 行動するのが億劫になったりますます自信がなくなったりしますね。

そうすると悪循環でなかなかそこから抜け出せません。
その結果、仕事に行くのも辛くなりますね。

自分に自信がないというのは自己肯定感があまりなかったりもしくは全くなかったりします。
自己肯定感とは自分は自分でOK、自分を信頼しているということです。
自己肯定感を持てないのは幼少期から肯定される体験がなく、 また 否定され続けたことが
影響している場合があります。
決して自分がダメだからではありません。

〇気分の落ち込みや心因性の心身の不調

憂鬱な気分や 落ち込むことは誰にでもあることです。
ただ、ある程度の時間や日数があれば消えていくものです。

気分の落ち込みはライフイベント、いろいろな環境の変化、例えば昇進や異動、妊娠・出産、家庭内の変化、近親者の死などでも起こります。

なかなか眠れなかったり 途中で何度も目が覚めたり
朝早く目が覚めたりと 熟睡感がなかったり
食欲がなくなるか、あるいは食べ過ぎたり
思考能力が落ちてきて 行動に移すまでの時間がかかったり
イライラや涙が出る、または 自分が生きている価値がないと感じたりと
心や身体に症状が現れ2週間以上続くようであればうつの可能性があります。

今までやっていた仕事の業務の効率が落ちていたりミスが増えたりということも出てきます。

うつにはいろいろな要因がありますが、カウンセリングではお話しをすることによって心が軽くなり、自分の中に備わっている回復する力を引き出すお手伝いをさせていただいたり、誰にも理解してもらえないという孤立してしまった心のサポートをさせていただいたり、思考の偏りを修正するという認知療法や認知行動療法を行ったり、うつがなかなか回復しない場合は過去の出来事からきている心理的なテーマが残されている場合があるので、そのテーマを一緒に探しご相談者様が乗り越える援助をすることができます。

また、ご家族への環境調整もいたします。

 

そして心因性の心身の不調にはこのようなものがあります。

不安   ・   気分の落ち込み   ・   イライラ   ・   うつ状態   ・   頭痛   ・   肩こり ・めまい   ・目の痛み   ・   疲れやすい   ・   息苦しい   ・   冷え   ・   胃痛   ・   下痢   ・   便秘   ・  腹痛   ・   ガス   ・   食欲不振   ・   吐き気   ・   自律神経失調   ・   パニック障害   ・ ・マイナス思考  などの症状はありませんか?

心と身体は繋がっています。
心のお悩みの改善とともに 身体の症状も回復していきます。

〇恋愛や夫婦の悩み

恋愛がなかなか出来ない・怖い・・・。
また、不倫の悩み・・・。
夫婦間のコミュニケーションがうまく取れない・・・。
また、パートナーに依存したりされたり支配したりされたり
見捨てられるという不安がある・・・。
相手と親しくなると怖くなり関係を壊してしまう・・・。

このようなことがあると仕事にも集中できませんよね。
ひとは誰でも愛されたいものです。
愛されないと過度に不安を感じる方がいます。

そこには、自分に自信がなかったり
存在意義を見い出そうとしていたり
パートナーに自分の満たされていないものを満たして欲しいと
無意識に行動していることもあります。

自分自身を見つめ直すことで改善していきます。