• ひたかさとみ

HSPの特徴をプラスに活かして生きやすくするには?

最終更新: 1月16日



この数年でHSPという言葉を耳にしたり目にする事が増えていますね。

5人に1人がHSPと言われており

日本人はもっと多いのではないかと言われています。


私自身、この概念が入ってきた時に私の事だと思いました。

このHSPは病気ではなく遺伝的な気質になります。

不安や恐怖を感じる脳の偏桃体と言う部分が

発達しているとも言われています。


特徴として写真のようなことがあげられます。


例えば

いつも深く考えて分析しないと安心できなかったり

共感能力が高く心の境界線が薄いために

相手の気持ちを感じやすく自分の事のように同調して疲れたり

少しの変化も敏感に感じて反応したり

音や光に敏感で大人数で過ごすのが苦手だったり

自分に合わない仕事は続けるのが苦痛だったり

スピリチュアルな面があったりと

様々なことがあります。


私がカウンセリングを受けていた頃にはまだなかった概念なので

これに特化したカウンセリングではなかったのですが

アダルトチルドレンを克服するために自分と向き合い

その結果、HSPの特徴でしんどい部分はほぼ無くなりました。


それは、心の境界線を意識してつくった事が

とても大きいと思っています。

そして、自分の課題と他者の課題を分けることです。


アダルトチルドレンもHSPも他者の事を引き受けてしまいます。

自己肯定感が低いのも両者の特徴なので

他者の課題を自分の課題としてやってしまうのです。


また、共感力の高さはこの仕事にとても役立っています。

心の境界線ができて同調しなくなれば

この特徴はプラスに働きます。


そして、感受性が高いためアーティストのような職業にも活かせます。


どの特徴もプラスになるのです。


自分の本音は何なのか?

自分がやりたい事は何なのか?

自分はどうなりたいのか?

それがとても大切なのです。


これは、HSPに限った事ではないですよね。


いずれにしてもインナーチャイルドの声を聴く事が大切です。


あなたもプラスに変えませんか?


61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と