• ひたかさとみ

愛着障害


愛着と言う言葉を聞いた事はありますか?

これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。

この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり

自分に自信が持てなくなります。

母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと

赤ちゃんは安心します。

どんな自分でも受け入れてくれるという

体験を何度もすることがとても必要なのです。

これがないと心にぽっかり穴が空いて空虚感を持ちます。


この事によって他者との関係をうまく持つことができず

自己の評価を上げたり下げたりする場合もあり気分も安定しません。

いつも愛情を求めて苦しみます。

これを愛着障害と言います。


否定されずに受容されることあなたは体験していますか?

カウンセリングではカウンセラーとの間で

母親とのかかわりと似た体験をしていくことで

段々と自分に自信が持てるようになります。

もちろん、自分でインナーチャイルドを受け止めて

愛情を注ぐことは必要です。

その注ぎ方がカウンセラーから否定されず受容されることで

こうすればいいんだというのを体験してもらえます。

安心で安全な場所を持つことはあなたの中のインナーチャイルドを

育てていくのにとても必要です。

カウンセラーに依存してしまうのでは・・・

と不安になるかもしれませんね。

でも、大丈夫。

ある程度は依存してみるのも

幼少期に得なければいけなかったものを得ることができます。

少しずつこころの穴は埋まって行きます。

勇気を出してカウンセリングを受けてみませんか?

応援しています。


#認知療法福岡#カウンセリング福岡#カウンセリング福岡女性#アダルトチルドレン福岡#ACカウンセリング福岡#インナーチャイルドカウンセリング福岡#心理カウンセラー福岡#うつ病福岡#うつ病福岡

フォロー

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号