• ひたかさとみ

見捨てられ不安はどうすればいい?

最終更新: 1月16日


少しだけ寒さが緩みました。

ちょっと一息といった感じです。


でも、生きづらさで悩んでいると

ずっと必死で休めませんよね。


その生きづらさの根っこには

見捨てられ不安があります。


機能不全家族で育つと

親から見捨てられないようにと

不安と恐怖を抱えながら

子供なりに生きる術を身につけます。


それが大人になると社会や対人関係で適応できず

生きづらさを抱えてしまいます。


見捨てられ不安をコントロールできる

もしくは無くなることで生きやすくなります。


では、どうすればいいのか?


子供時代は親に嫌われると生きていけませんよね。

文字通り捨てられると生きられません。

命の危機です。


そして、大人になった今

親がいなくても生きられます。

自分で生活できますよね。

もう、安心していいのです。


でも、心の現実は怖くて一人では生きられません。

嫌われるのが怖くてたまりません。


そう訴えているインナーチャイルドを受け止めていくと

自分で自分を支えられるようになります。

親がいなくても生きていけるとわかります。


インナーチャイルドが安心したよと

笑顔になるまで受け止めていきましょう。


応援しています。

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして