• ひたかさとみ

自己肯定感の意味を間違っていませんか?

最終更新: 1月16日


今日はブルームーンだそうです。

まん丸いお月さまはほっこりします。

子供の頃はよく夜空を見上げていたな~と思い出しました。

宇宙と自分の未来を重ね合わせ

きっといい事があると思っていました。

それだけ苦しかったという事ですね。


そして、今は幸せです。

それは、自己肯定感があるというのも

理由の一つです。


よく自己肯定感を上げましょうとか

ポジティブ思考になりましょうと言われますよね。

多くの方はこのような情報をみることで

とても難しく感じておられると思います。


いつもポジティブにマイナス思考はNG

できる事が多いのがOK

いつも明るく行動的なのがOK

などなどのイメージがあると思います。


これが自己肯定感なら難しくて

できない自分を責めてしまいますよね。


本当の自己肯定感の意味は

できない自分できる自分どんな自分でもOK

という事なんです。

ありのままの自分をOK

時にはネガティブな事を考えたり

泣き言を言ったり

それも自分なんだと受け入れる

これが自己肯定感です。


何かが起こった時

自分ならなんとかできるなんとかなる

と自信があることなんです。


それは、すべてを一人で解決できる

という事ではありません。


自分一人では難しい時は得意な人を頼る

そして、最終的に自分で解決する

これも自己肯定感の一つです。


人は一人では生きていけません。

支えあって生きています。


自己肯定感が低い人は

誰かを頼ることが苦手です。


それは嫌われたくないから。


自己肯定感がある人は嫌われるかもと

顔色を伺う事がないのです。

もし、嫌われても見捨てられ不安はありません。

だから、自分軸で生きられるのです。


完璧じゃなくていい

未熟でいいのです。

それが、人間です。


あなたにも自己肯定感はできますよ。


応援しています。

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心に安全基地をつくって本当の自由を手に入れましょう。

初夏らしくなってきましたね。 朝晩の寒暖差が激しい日もあり 何を着ればいいのか迷ったりします。 うつ病だった頃は季節の変化など 全く楽しむ余裕はありませんでした。 いかに生き延びるかで精一杯でしたから。 今は感じる事ができて幸せです。 うつから回復したのもアダルトチルドレンから カウンセリングを受けて回復したからです。 私の心の中はいつも不安で一杯でした。 他者に良く見られることで自分の価値を感じ

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて