• ひたかさとみ

自分を取り戻すには心に安全基地が必要です。



ずいぶん前に、テレビで放送された福山雅治さんが出ている 「そして父になる」を観ました。

ラストはどうなるんだろうと思って観ていました。

血がつながっていなくても愛情を受け取った子供は

本当の親よりも育ての親を選びます。


アダルトチルドレンの方たちは親に愛されず

親との間につくられるはずの愛着がありません。

自分を支える力、自己肯定感をつくり自律するには

まず、この愛着を体験していく事が大切です。


この愛着ができる事によって

親、主に母親が子供の安全基地になります。

カウンセリングでは、カウンセラーが親の役目になります。


そして、やがて子供の心の中に安全基地ができて親離れをし自律します。

心の中に安全基地がないといつも不安定で

誰かに認めてもらう事で自分を支えようとして生きづらくなります。


誰か自分を認めてくれる人がいないと

不安や恐怖や寂しさを抱えて苦しくなります。

愛着は血がつながっていなくてもできる、それがわかる映画でした。


実際、私も親との間で愛着を形成していません。

それでも、自律できました。

それはなぜか?

カウンセリングでカウンセラーとコミュニケーションをとる事で

心理的な関りを持ちます。

否定されずに受け止められるという本来、親との間で体験することを

体験して愛着と言うものを経験し、心の中に安全基地をつくったのです。

本当の親でないとダメという事はありません。

必ず、安全基地ができて自律できます。


カウンセリングという安全で安心な場所で

自分と向き合う事でアダルトチルドレンから回復できます。

あきらめないでくださいね。


応援しています。


#カウンセリング福岡#カウンセリング福岡女性#アダルトチルドレン福岡#ACカウンセリング福岡#インナーチャイルドカウンセリング福岡#心理カウンセラー福岡#うつ病福岡#認知療法福岡

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と