• ひたかさとみ

自分を取り戻すには心に安全基地が必要です。



ずいぶん前に、テレビで放送された福山雅治さんが出ている 「そして父になる」を観ました。

ラストはどうなるんだろうと思って観ていました。

血がつながっていなくても愛情を受け取った子供は

本当の親よりも育ての親を選びます。


アダルトチルドレンの方たちは親に愛されず

親との間につくられるはずの愛着がありません。

自分を支える力、自己肯定感をつくり自律するには

まず、この愛着を体験していく事が大切です。


この愛着ができる事によって

親、主に母親が子供の安全基地になります。

カウンセリングでは、カウンセラーが親の役目になります。


そして、やがて子供の心の中に安全基地ができて親離れをし自律します。

心の中に安全基地がないといつも不安定で

誰かに認めてもらう事で自分を支えようとして生きづらくなります。


誰か自分を認めてくれる人がいないと

不安や恐怖や寂しさを抱えて苦しくなります。

愛着は血がつながっていなくてもできる、それがわかる映画でした。


実際、私も親との間で愛着を形成していません。

それでも、自律できました。

それはなぜか?

カウンセリングでカウンセラーとコミュニケーションをとる事で

心理的な関りを持ちます。

否定されずに受け止められるという本来、親との間で体験することを

体験して愛着と言うものを経験し、心の中に安全基地をつくったのです。

本当の親でないとダメという事はありません。

必ず、安全基地ができて自律できます。


カウンセリングという安全で安心な場所で

自分と向き合う事でアダルトチルドレンから回復できます。

あきらめないでくださいね。


応援しています。


#カウンセリング福岡#カウンセリング福岡女性#アダルトチルドレン福岡#ACカウンセリング福岡#インナーチャイルドカウンセリング福岡#心理カウンセラー福岡#うつ病福岡#認知療法福岡

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あきらめないで。

新型コロナウィルス感染者がなかなか減りませんね。 この先、どうなるのだろうと誰もが思い 心に影を落として何も楽しめなくなっている という方もいらっしゃると思います。 先が見えない、わからないというのは 本当に不安になりますよね。 そして、長期になればなるほど絶望感もあります。 それは、生きづらさもそうです。 ずっとこのままなのか 何も変わらないのか 変われないのか でも、このままでは辛いしと どう

自分が毒親になっていたと責めていませんか?

あんな親にはなりたくないと思っていたのに 気がつくと自分が毒親になっていたと愕然とし 自分と同じ思いを子供にさせてしまったと 後悔と自責の念をもっている方は多いです。 自分は子供に愛情を注いで良い母親になろうと 頑張った結果、同じことをしていたと気づいたり やってはいけないと思っても怒鳴ったり怒ったり 子供に愛情を注げないと苦しくなる そう悩んでいる方は多いのです。 そこにはインナーチャイルドがい

本当の気持ちわかっていますか?

なんでいつもいやな気分になるんだろう? どうしてこんなに苦手な事が多いんだろう? いっつもいっつも同じ そう思っていませんか? 生きづらさは感じているけど どうしたいのかどうなりたいのかがわからない という方は多いものです。 それは、本当の気持ちがわかっていないからです。 私たちは意識と無意識があります。 その意識は1割で9割は無意識と言われています。 今、生きづらいと思っているのは意識です。 残

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号