• ひたかさとみ

【重要】新型コロナウイルスの感染予防におけるカウンセリング方法について。(8/5更新)


福岡県の感染者が連日100名を超える事態になりました。

カウンセラーは毎日、満員電車で通勤をしており

感染のリスクが非常に高くなったと感じております。

感染しますとしばらくの間、カウンセリングを行えず

皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまいます。


また、皆様の来所の際やカウンセリング中の感染リスクも考えますと

スカイプカウンセリングを基本として行うことが望ましいと考えました。

そこで、感染者がある程度減るまでは出勤を週に1回とし

朝晩の通勤ラッシュの時間を避けて通勤いたします。

その為、スカイプカウンセリングを基本として行って参ります。


対面カウンセリングについては、初回カウンセリングも含め

スカイプの環境が整わない方に限定させてただきます。

(※感染者数の動向を見ながら随時変更していきます。

ある程度、感染者数が減った場合は

初回カウンセリングの方の対面をお受けいたします。

2回目以降は、お話し合いをして決めていきます。)


また、週に1回の出勤であとは在宅勤務となりますので

対面をご希望の方は、日時のご希望に添えない場合がありますが

お気軽にお問い合わせください。

できる限り調整させていただきます。

どうぞご了承ください。


そして、対面カウンセリングを行う場合ですが

3密を避ける必要があります。

カンセリングルームは、密閉・密接に当たります。


そこで、以下の対策をしながら行って参ります。


〇双方のマスク着用

〇手指の消毒

〇ドアノブなどの消毒

〇椅子の間隔を空ける

〇お部屋の換気

 ・マンション通路側の窓を開けエアコンの風で空気の流れを作って行う

 ・エアコンが必要な場合は、30分毎に窓を開けて換気する

〇体調が思わしくない場合はキャンセル(カウンセラー側も)



対面カウンセリングは目線が合うという利点がありますが

今はマスク着用で表情がわからないという不安があるかと思います。

スカイプカウンセリングですと目線は合いませんが

感染への不安がなくある意味リラックスできるという利点があります。


通常のマスクなしの対面カウンセリングが

もっとも効果があるのですが

今の現状ではマスクを着用しなければならず

対面もスカイプもカウンセリングの効果は

あまり変わらないのではと考えます。

スカイプカウンセリングでも通常の対面カウンセリングの効果と

変わらなようにと工夫をして行っております。


そして、非言語はカウンセラーが見立てをするために

とても重要な情報になります。

その為、お顔の表情が見えるスカイプに

切り替えていただきたいという理由もあります。


初回カウンセリングのお問い合わせは

対面かスカイプかをご記入ください。

スカイプカウンセリングは事前に手続きが必要です。

ご希望の日時はお問い合わせ日から

できるだけ7日以降で第三希望までお知らせください。


只今、たくさんのご予約をいただいております。

キャンセル待ちになる可能性もございますので

お早めにお問い合わせください。


何かご不明な点がございましたら

お気軽にお問い合わせください。


どうぞよろしくお願い致します。



0回の閲覧

フォロー

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号