• ひたかさとみ

私と一緒に毒親と闘いませんか?

最終更新: 1月16日


昨日から雨ですね。

気分が落ちていませんか?

昔の私は、お天気にもすごく左右されていました。

今では、それもなくなりお休みをのんびり過ごしています。


そして、ゴールデンウイークから断捨離をしています。

必要な物だけそしてときめくものだけにしていく事で

生活がより快適に楽しくなっています。


心も同じですね。

毒親が自分の中にいると苦しくて堪りません。

心の中の不要なものは捨てていく

そうすると幸せな人生を送れます。


これは私が身をもって体験した事です。


私自身、長い間苦しみました。

カウンセリングに出会ったことで抜け出せたのです。


うつ病がどんどん悪化してお薬がどんどん増え

仕事ができなくなり休職をしました。

その時に出会ったのです。


カウンセリングを受け始めた頃

初めて他者から無条件に受容される体験をして

こんな世界が人間の世界にあるんだと

驚くと共に人の温かさを感じました。


初めは何をするのかわからないと半信半疑でしたが

それを体験した事で変われるかも知れないと思ったのです。

理由はもちろんわかっていませんでしたが

心がそう感じたのです。


それから初めて自分と向き合い始めました。

たくさん、辛い思いをしましたが

カウンセラーの支えがあり何とか乗り越えてきました。


私のうつ病はアダルトチルドレンからきているとわかると

希望が持てたのです。

お薬よりもカウンセリングで治したと思っています。

実際、お薬はあまり効いていませんでしたから。


幼少期からの子供時代に母親との間で体験する事を

カウンセリングで体験する事で愛着障害がなくなり

自分を愛し大切にすることができました。

自分で自分を支えられるようになり心が自律したのです。


毒親の存在はとても大きいものです。

生き方に影響を与えています。

毒親に呑み込まれて精神的にくっついたままだと

自分の人生を生きる事ができません。


それだけの影響を受けているのですから

精神的に離れる事も容易ではありません。


思考の多くも影響を受けているので

行動にも影響があり苦しくなります。


それを変えようと思っても目に前に毒親がいなくても

心の中ではつきまとってきてもう無理だと

くじけてしまう事もしばしばだと思います。


そんな時、あなたは独りではない事を思い出してください。

心理カウンセラーがいます。


私は、同じように苦しんでいらっしゃる方のお手伝いがしたい

そう強く思って勉強しカウンセラーになりました。


この苦しみは体験者しかわかりませんからね。


私が当時、カウンセラーに支えられたように

私が今度は悩んでいる方々を支えたい

自分を取り戻してもらうためのサポートがしたい

ずっとその思いを胸に日々、クライアントさまと向き合っています。


あなたも私と一緒に毒親と闘いませんか?


精一杯、お手伝いをさせていただきます。


女性専用ですが、男性の方はスカイプで対応させていただく事になりました。

(今は全てスカイプカウンセリングです。5/10現在)


人生は一度しかありません。


ご自分と向き合うのは大変な事です。

でも、自由が手に入ります。

幸せになれます。


一緒にやっていきましょう。


お待ちしております。



21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして