• ひたかさとみ

私が苦しみを乗り越えられたのは?

最終更新: 1月16日

今日、テレビで堀ちえみさんのインタビューを観ました。

しっかりと発音されていて驚きと共に彼女の強さに感動しました。

とても闘病中とは思えないお顔がとても輝いていて素敵だなと思いながら観ていました。


私自身、息をするのも苦しいほどのうつ病を体験しましたが

薬も効かずにどんどん量が増えていき働けなくなってしまいました。

生きるもの難しいほどの苦しみだったのです。


何で薬が効かないんだろう・・・

もうどうしていいかわからない・・・

もう生きられない・・・

無理・・・

どうやったら死ねるだろう・・・

そんな状態になった時に、上司から休職を命じられたのです。


休んでも何も変わらない

どんどん苦しくなるだけと思った私は家族と話し合う中で

カウンセリングと言う言葉が浮かび

当時まだそんなに知られていない分野でしたが

一度、話を聴いてもらおうと予約して行ったのが

私が、カウンセリングを受けるきっかけでした。


なぜ、うつ病になったのかカウンセリングを受けてしばらくすると

そういう事だったのかと腑に落ちました。


それからは自分と向き合い続けました。


アダルトチルドレンでいろんな偏りがあってこうなったんだとわかると

自分は変われるのではないかと希望が持てました。


自分と向き合う事は簡単ではありません。

もう、止めたいと何度も思い

生きるのも諦めようと思った事もあります。


そんな私が、今は援助させてもらう側になっているのです。

それは、カウンセリングが進むごとに自分が変化していると

とても嬉しくて感動したからです。


3歩進んで2歩下がる

という調子で進んでいきましたが

コツコツとインナーチャイルドと対話をして受け止め

思考の偏りを修正し

カウンセラーとの関りで母子関係を体験し

心の中に安全基地をつくっていきました。


次第に自分で自分を愛せるようになると

変化が早くなっていきます。


要らないものを捨てて必要なものを手に入れて進んでいきました。


あなたも苦しみを乗り越えられます。


大丈夫。


応援しています。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心に安全基地をつくって本当の自由を手に入れましょう。

初夏らしくなってきましたね。 朝晩の寒暖差が激しい日もあり 何を着ればいいのか迷ったりします。 うつ病だった頃は季節の変化など 全く楽しむ余裕はありませんでした。 いかに生き延びるかで精一杯でしたから。 今は感じる事ができて幸せです。 うつから回復したのもアダルトチルドレンから カウンセリングを受けて回復したからです。 私の心の中はいつも不安で一杯でした。 他者に良く見られることで自分の価値を感じ

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて