私がアダルトチルドレンやうつから抜け出したことで変わった事とは?

毎日、クライアントさまたちと向き合っていると

昔の自分を見ているような時があります。

あ~私も同じような考えや思いをしていて苦しかったな~と。

でも、今では私を苦しめていたすべての事から解放されました。


半世紀近く苦しんでいた・・・

と言うより子供時代はそんな世界なんだとわかっていなかった

と言うのが正しいのかもしれません。

大人になって苦しいというのがわかってきたと思います。


幼少期からずっと見える世界はモノトーン。

重苦しい空気感。

周りが楽しそうにいろんな事をしている事に理解ができなかった。

スッキリさわやかなんて言葉は私には当てはまらない。

いつも何かと闘っている。

挙げればまだまだあります。


そして、カウンセリングを受けるようになって

今いる世界は実は違うんだとなんとなく知り

どんな世界かわからないけど怖いけど

前に進もうと頑張ってきました。


もちろん、何度ももうダメだ苦しいと諦めかけました。

だからと言って自分から生きる事をやめることもできず

できないなら生きるしかないそれしかないと踏ん張りました。


そうやってアダルトチルドレンやうつから抜け出した世界は

モノトーンから地味だけど色のついた世界に変わりました。

そして、自分に自信がついたことで安心感もあり

そんなに怖い世界ではないと知りました。


自分に自信がつくとは自分は何かが起こっても

なんとかやっていけるという事です。

時には誰かに頼って力を貸してもらいながら

生きていけるという事です。


また、ずっとできなかった誰もがやっている事

例えば家事などですが

なんなくできるようになった事がとても幸せです。

自分のため家族のために快適に過ごせるように動ける自分が

信じられないくらいで嬉しいのです。

自分のやりたい事を自分軸で決めて動ける幸せなのです。

私はこんなに動ける人だったんだなと思うほどです。


他者の顔色ばかりを伺い嫌われないように動く毎日だと

心身ともにかなりのエネルギーを使いますよね。

みんながやっている事ができないのも無理もありません。


日々の些細な事に幸せを感じながら過ごすと

地味な色の世界がだんだんとカラフルになってきました。

自分で色を付けたのですね。

どんな世界にするかそれは自分次第です。


自分の中にある安全基地は自分を守り支えてくれます。

その安全基地をつくるには一人では難しいかもしれません。

安心して自分の事を話し受容される体験が必要だからです。

カウンセリングではそれを体験していきます。


もし、独りでどうしようもないと思っているなら

カウンセリングを利用してみると良いと思います。


あなたも自分で道を切り開いていけます。

あなたの人生を取り戻せます。


大丈夫。


応援しています。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

私がうつ病を克服した方法とは?

季節の変わり目は気温が上がったり下がったりで 自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて体調不良に なってしまうのです。 浴