• ひたかさとみ

相手の機嫌をとらないといけないと思っていませんか?

今日はよく晴れています。

真っ青な空がきれいですがすがしく感じます。

苦しんでいた頃の私はそう思わなかったでしょう。

何を見ても感動する心の余裕がなかったからです。


そうなる一つに相手の機嫌を取らないといけないというものでした。

それは、当たり前の事だと信じていました。

なんでみんな自由にしているんだろう

なんて勝手なんだろうと思うほどでした。

今、思うとそれが普通なんですよね。

勝手なことなどなかったのです。


どこかで嫌われたくない

みんなに好かれたい思いがとても強く

いつも顔色を伺っていました。

うつ病になった原因の一つです。


子供の頃に母親などの顔色を伺って育つと

それが当たり前となります。

そして、自分が相手の機嫌をよくしないといけない

そう思い込んでしまいます。


人の感情はその人自身が作り出します。

他者が変える事はできないのです。

でも、インナーチャイルドはそれを知りません。

インナーチャイルドは必死に相手の感情の面倒を

みないといけないと思っています。

そうしないと見捨てられると怖がっているのです。

だから、機嫌をとらないと怖いですよね。


あなたのインナーチャイルドの声を聴いてあげましょう。

だんだんと怖さが減っていきますよ。


応援しています。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心に安全基地をつくって本当の自由を手に入れましょう。

初夏らしくなってきましたね。 朝晩の寒暖差が激しい日もあり 何を着ればいいのか迷ったりします。 うつ病だった頃は季節の変化など 全く楽しむ余裕はありませんでした。 いかに生き延びるかで精一杯でしたから。 今は感じる事ができて幸せです。 うつから回復したのもアダルトチルドレンから カウンセリングを受けて回復したからです。 私の心の中はいつも不安で一杯でした。 他者に良く見られることで自分の価値を感じ

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて