• ひたかさとみ

病院へ行くべきか?カウンセリングなのか?迷っていませんか?



台風が離れてはいますが通過中。

風がかなり強くなっています。

夜は雨も降りそうです。

低気圧が通ると自律神経が乱れて

体調を崩される方も多いですね。


また、天候以外では

会社やママ友など

対人関係がうまくいかず

不安があるという方も

いらっしゃいますね。


気分の波があったり

怒りの感情をコントロールできなかったり

子供を愛せなかったりと

お悩みの種類はたくさんあります。


そんな時、心療内科や精神科へ行くべきか

それともカウンセリングに行くべきなのか

迷うところだと思います。


病院は投薬治療をします。

身体や脳の症状に合わせて

お薬が出されます。

症状を改善していく場所ですね。


カウンセリングはというと

お悩みを改善していきます。

考え方の偏りを修正したり

行動の偏りを修正したり

愛着が形成されていない方は

それができるように援助させてもらったり

心を扱っていきます。


しんどい位の身体の症状があるなら

病院へ行くことが必要です。

物事のとらえ方や生き方を変えたいなら

お薬では変えられません。

カウンセリングは

生きづらさからくる心身の状態も

回復へのお手伝いができます。

お薬だけでは、根本的には変えられず

また、元に戻ってしまうこともあります。


一度、カウンセリングにお見えになり

ご相談されるのもよいと思います。

当センターは、うつ病、双極性Ⅱ型、パニック障害、不安障害など

援助させていただいております。

まずは、行動してみてくださいね。


応援しています。


#カウンセリング福岡#カウンセリング福岡女性#アダルトチルドレン福岡#ACカウンセリング福岡#インナーチャイルドカウンセリング福岡#心理カウンセラー福岡#うつ病福岡#認知療法福岡

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と