生きづらさをなくす方法とは?

今日は梅雨空。

どんよりとしていて気分が下がっている方も

おられる事だと思います。

嫌ですよね。

生きづらさの一つだと思います。


さて、私はいつも自分と向き合っています。

インナーチャイルドはずいぶん前にいなくなりましたが

年齢関係なくより良く変わっていけると思っているからです。

また、自分が成長していくことがとても嬉しかったり

どんな自分が出てくるのか楽しみだったりもします。

そして、その体験はカウンセリングをしていく中で

クライアントさまのお役に立てると実感しているのもあります。


悩みの渦中にいると何をどうしていいのかわかりませんよね。

私もそうでした。

苦しくて苦しくてどうにもできない自分が辛かったです。

そして、自分を救えるのは自分だけなんだと痛感しました。


クライアント時代は、カウンセラーに依存して

楽にしてほしい気持ちと

それはできないんだとわかった時の辛さや

じゃあどうすればいいんだという苦悩や

カウンセラーのアドバイスも自分で使いこなせなかったり

海で溺れているような毎日でした。


自分の中の何をどうすればいいんだろう

それを考えてやってみたりと思考錯誤しました。


嵐の「カイト」という曲を知っていますか?

歌詞の中にこんな詩があります。

「母は言った、泣かないでと。父は言った、逃げていいと。」

そうだな~こんな両親のもとで育てば

心は自立できるよな~と思いました。


私はこの歌詞をこう解釈しました。

母は、私がいつもあなたのそばにいるよ。安心していいよ。

父は、社会の中で逃げる事は悪い事ではないよ。自分を大切にすることなんだよ。

ACの方は、これを体験できていません。

でも、これを体験することはできます。


では、どうすればいいのか?


私たちには自我があります。

その自我は5つに分かれています。

それは、父性的な自我、母性的な自我

大人の自我、無邪気な子供の自我、従順な子供の自我です。


ACの方は、最後の従順な子供の自我が高い傾向にあります。

顔色を気にしている部分ですね。

その為、生きづらいのです。


インナーチャイルドを受け止めて成長させていくには

その他の4つの自我を使います。

受け止めるときは、母性的な自我

甘えが強すぎて苦しい時は父性的な自我

現実を見る力が弱く思考の偏りを修正するには大人の自我

遊び心が少ない時は、無邪気な子供の自我

という具合いにです。


母性的な自我で、あなたのそばにいるよと優しく声をかけ

父性的な自我で、社会での適応ができるように支える

と自分で歌の歌詞のように体験できるのです。


そういった事をコツコツやって行くことで

心の穴が埋まっていき自律できます。

生きづらさがなくなるのです。


あなたにもできますよ。


応援しています。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示