• ひたかさとみ

甘える事ができなかった幼少期を過ごすと。

最終更新: 1月16日


昨日は初雪でした。

風が強く吹雪いて傘がさせないほどでした。

今朝は薄っすらと積雪していて

今は冬なんだと思わせました。

暖冬でしたからね。


子供の頃は冬になると氷柱が下がっていたな~

と思い出しました。

甘える事ができなかった子供時代。

よく頑張ったと思います。

思い返すと私は大人になるにつれ

甘える事は悪い事と思っていました。

なんでも自分で完璧にやらなくてはとやってきました。


幼少期に甘える事ができずに育っていくと

私のように完璧主義になり

同じようにやらない人にイライラしたり

子供がいい子をやらないと怒りが出たりします。


相手を思うようにコントロールするけど

動かないとイライラして怒りが出るのは

無理もないですよね。

自分自身もコントロールされてきたのですからね。


また、愛情が欲しくてたまらない甘えたいと

他者をコントロールしようとすることもあります。

恋人や夫に対して何で私がこれだけやっているの

あなたはくれないの!と怒りが出ます。

そうなると上手くいきませんよね。


母親に十分に甘えて育ち愛情をもらうと

母親との間に愛着を形成できて大人になり

私は愛されていると心の中に安心感ができます。

他者をコントロールしたいというのはありません。

自分に自信があれば他者をコントロールする必要はないですからね。


愛着はカウンセラーとのかかわりの中で体験できます。

私もそうやって育てました。

心の中に安全基地ができると自分を自分で支える事ができます。

生きづらさはなくなります。

あなたにもできますよ。


応援しています。




36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と