• ひたかさとみ

環境や社会の変化に対応できる自分をつくるには?

最終更新: 1月16日


新型コロナウィルスにより今まで当たり前だったことが

当たり前にできない状況になりましたね。


すぐに収束して欲しいですがなかなか難しいと

誰もが思っているのではないでしょうか。


生きるためにはこの変化に対応していかなければなりません。


仕事をいつ失うかわからない不安

正規雇用から非正規雇用になるかもしれない不安

家族の在り方を問われている不安

生きづらさをさらに感じている不安

と様々な不安を抱えておられる方が多いと思います。


仕事でいえば副職を認める企業も出てきましたね。

とはいうもののサイドビジネスをできるのかな?

自分に才能があるのだろうか?

うまくいくだろうか?

と踏み出せないこともあると思います。


外出自粛やテレワークで

家族の関係性で夫婦関係が悪くなったり

子供にイライラして当たってしまったりと

家の中の空気が悪くなったけど

どうやって改善していけばいのか

私がやらなきゃいけないのか

私にはできないなど

気分が落ち込んでる方もいらっしゃいます。


また、対人関係が苦手なのにテレワークになったと思ったら

また出社しなければならなくなり余計に辛くなった

という方もいらっしゃいます。

これが、続けばうつになることもありますね。


これらを改善して変化に対応できる自分になるには

自己肯定感が必要です。


自分の可能性を自分でないと決めつけたり

家族間の問題やその他の対人関係の問題を

他者のせいまたは自分のせいと原因探しをするのは

それぞれの存在を尊重していません。


いずれも自己肯定感がなかったり低かったりしているのです。


これからの環境や社会の変化に対応できる自分になるには

自分と向き合い自己肯定感を持つことです。


自己肯定感があると様々な変化に対応できます。


世界がこんな事態になるなんて誰も思っていなかったでしょう。

そして、これから先の人生に不安を持っている方も多いでしょう。

だからこそ、今、自分と向き合うことが必要だと考えます。


同じ環境下にいても考え方や捉え方が違うと感じ方が違い

楽に自分らしく生きられるかが決まります。


もし、生きづらいなら変わるチャンスです。

ピンチはチャンス。


あなたも変わりませんか?


22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして