• ひたかさとみ

独りぼっちと孤独になっていませんか?

最終更新: 1月16日


今年も残り1週間になりましたね。

帰省の時期にもなってきました。

わだかまりがある方や親との間に葛藤があることに気づいていないけど

何となく帰省するのが憂鬱と思っている方もいらっしゃると思います。


そんな気持ちを誰にも話せなかったり

話しても理解されなかったりすると

独りぼっちになったように感じて孤独になります。


こんな自分が間違っているのだろうか

こんな自分は弱いのだろうか

と自分を責めたりもすると思います。


そうなるとますますきつくて孤独感は増しますね。


私はうつ病を経験していますが

この辛さを誰にもわかってもらえない

それは医師にさえわかってもらえないと思っていました。


経験者にしかわからない辛さがあったのです。


そして、心の苦しさも経験者にしかわからないと思います。


愛されて育った人には

何でそう考えるのかそう感じるのか

想像も難しいでしょう。

理解されなくて当然ですね。


私はこの孤独感をカウンセリングを受ける事でなくなりました。

理解してくれていると感じたからです。


そして、今は私がクライアントさまのサポートを

させていただける立場になっています。


カウンセリングのお時間以外でも

いつもクライアントさま方の事を考えています。

辛くなっていないかな?

上手くできるようになっているかな?

少しは楽になっているかな?

どうサポートしたら早く楽になるかな?

と色々と考えています。


それは、私自身が地獄のような苦しみを味わってきたからです。

どんなに辛い事なのかを知っているからです。


あなたは孤独ではありませんよ。

わかろうとしている人がいます。

ぜひ、この人なら話してみたいというカウンセラーを探して

サポートを受けてみてください。

少しずつ楽になっていきますよ。


応援しています。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と