• ひたかさとみ

心の安全基地(愛着)ができると?

日々、クライアントさまのお話をお聴きしていると

「あ~、昔の私みたいだな。」

と思う事が多くあります。


母親に呑み込まれてコントロールされ

離れたいけど離れるのが怖くて葛藤が起きて

とってもとっても苦しくてどうにもならない

そういう方は多いのです。


元々、赤ちゃんは母親に守られていますよね。

お腹の中にいた時はまさに呑み込まれています。

生まれてからもある意味母親のコントロール下にいるわけです。


でも、それは支配ではなく温かく見守られなければいけません。

それが、いつも禁止ばかりされたり怒られてばかりだと

認めてもらえることが少なく愛情を感じられません。


見守られていれば母親との間に愛着ができて

母親が心の安全基地になります。

するとお友達と遊んだり冒険できるようになるのです。


嫌な事があれば母親にかけより受け止められて安心し

また、遊びに出かけられるのです。


それを繰り返していくと子供の心の中にも

安全基地ができていきます。

そして、自己肯定感も育っていきます。


アダルトチルドレンの方々は

この安全基地がないため不安定になっています。


大人になってもこの安全基地はつくる事ができます。

カウンセリングではカウンセラーとのやり取りで

否定されることなく受容される体験をします。

それが母子関係を体験することになります。

そして、自分でも自分を受け止めていく事で

段々と安全基地ができていきます。


心が少しずつ安定していきアダルトチルドレンから抜け出せるのです。


あなたも大丈夫。


心の安全基地つくりませんか?

25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして