• ひたかさとみ

心に安全基地をつくって本当の自由を手に入れましょう。


秋らしくなってきましたね。

朝晩の寒暖差が激しい日もあり

何を着ればいいのか迷ったりします。

うつ病だった頃は季節の変化など

全く楽しむ余裕はありませんでした。

いかに生き延びるかで精一杯でしたから。

今は感じる事ができて幸せです。


うつから回復したのもアダルトチルドレンから

カウンセリングを受けて回復したからです。


私の心の中はいつも不安で一杯でした。

他者に良く見られることで自分の価値を感じ

自分を支えていました。

嫌われでもしたらもう生きていけないと

無意識はいつもその不安と恐怖に

支配されていたのです。


では、その不安と恐怖をどうやってなくしたのか?

それは心の中に安全基地をつくって

自分をしっかり支える事でなくなったのです。

この安全基地は本来母親とのかかわりで

できていくのです。

これができないと不安を抱えてしまいます。


大人になった今

それをどうやってつくるの?

と思われるかもしれませんね。

それは自分が自分の養育者になれば

段々とできていくのです。

とは言っても難しいのではと思いますよね。

はい。

難しいです。

でも、あきらめなければできます!


あなたの周りで温かいなと思う人や

アニメのキャラクターでも何でもいいので

そこから受ける温かさを自分の中に

取り入れていってください。

そして、それを大きくしていきましょう。


安全基地ができれば見捨てられ不安を

コントロールできます。


本当の自由が手に入ります。

大丈夫。


応援しています。



#インナーチャイルドカウンセリング福岡#アダルトチルドレン福岡#acカウンセリング福岡#カウンセリング福岡#カウンセリング福岡女性#うつ病福岡#認知療法福岡#心理カウンセラー福岡

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あきらめないで。

新型コロナウィルス感染者がなかなか減りませんね。 この先、どうなるのだろうと誰もが思い 心に影を落として何も楽しめなくなっている という方もいらっしゃると思います。 先が見えない、わからないというのは 本当に不安になりますよね。 そして、長期になればなるほど絶望感もあります。 それは、生きづらさもそうです。 ずっとこのままなのか 何も変わらないのか 変われないのか でも、このままでは辛いしと どう

自分が毒親になっていたと責めていませんか?

あんな親にはなりたくないと思っていたのに 気がつくと自分が毒親になっていたと愕然とし 自分と同じ思いを子供にさせてしまったと 後悔と自責の念をもっている方は多いです。 自分は子供に愛情を注いで良い母親になろうと 頑張った結果、同じことをしていたと気づいたり やってはいけないと思っても怒鳴ったり怒ったり 子供に愛情を注げないと苦しくなる そう悩んでいる方は多いのです。 そこにはインナーチャイルドがい

本当の気持ちわかっていますか?

なんでいつもいやな気分になるんだろう? どうしてこんなに苦手な事が多いんだろう? いっつもいっつも同じ そう思っていませんか? 生きづらさは感じているけど どうしたいのかどうなりたいのかがわからない という方は多いものです。 それは、本当の気持ちがわかっていないからです。 私たちは意識と無意識があります。 その意識は1割で9割は無意識と言われています。 今、生きづらいと思っているのは意識です。 残

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号