心と身体の痛みをとる方法は?

いつも身体に不調が出やすく

病院に行ってもどこも悪くないと言われる

薬を飲んでも治らないし

心もどんどん辛くなるしで

どうしたらいいのかわからず

途方に暮れている方もおられると思います。


私自身、最初に出た症状は円形脱毛症でした。

その後すぐに過呼吸になりました。

そして、過敏性腸症候群と次々に増えていったのです。

これらが続くとあっという間にうつ病へと発展しました。

ここから先は、慢性的な頭痛や肩こり・腰痛・腹痛なども増え

痛みとの戦いでした。


もちろん、心はどんどん疲弊していきます。

自分ではどうにもできず辛くて苦しい

心の痛みも抱えました。


これらの症状は薬だけでは治りませんでした。

では、どうすればいいのでしょうか?





私たちの心は、意識と無意識があります。

何かをする時、意識で考えて感じて行動します。

その時に、考えや感情に合った行動をすると

自分らしく楽に生きていけます。


その意識が本当の考えや感情でないと

心や身体に症状として表れてきます。


幼少期から禁止や否定をされ続けると

見捨てられ不安を抱え他者に合わせる

考え方や行動が身に付きます。

それは、本当の考えや感情ではありません。


本当はこうしたいのにとかこんな気持ちなのにを

無意識の中に抑圧してしまいます。

抑圧して我慢して無理をすれば

心と身体は疲弊します。


今ある心と身体の痛みは無意識からのSOSなのです。

私の本当の気持ちや考えをわかって欲しい

もう、無理という叫びです。


心と身体の痛みをとるには

無意識からのSOSをアンテナを張って受け取り

意識に出してあげる事です。


出してあげる事でそれに沿った行動をする

我慢して無理をせず自分を大切にすることです。

自分軸で行動するということです。


無意識から出してあげるには

嫌な思いに気づくことや身体の感じに心を傾けたりと

様々な方法があります。


心と身体の痛みはあなたの中から出ているSOSです。

本当の自分を取り戻して楽にしてあげましょう。


インナーチャイルドはあなたをずーっと待っています。

早く気づいてと言っています。

声を聴いてあげましょうね。


あなたにもできます。


大丈夫。


サポートが必要ならカウンセラーを頼ってくださいね。


応援しています。


最新記事

すべて表示