• ひたかさとみ

強く見せなくていい弱くていい。

最終更新: 1月16日


緊急事態宣言が解除されテレワークから通勤に

戻った方も多くおられると思います。

在宅勤務になれるとこのままがいいな~と

思われている方もいらっしゃいます。


職場での対人関係がしんどかった方はもちろん

そうでなかった方も実はかなり気を使っていたという方も

結構、おられると思います。


他者に対して無意識に自分を強く見せて

対人関係が苦手なことがバレないようにしていたり

幼少期からの習慣で元気に見せたりと

弱い自分を出さないようにしている方がいます。


親から様々な禁止令を出されているとそうなります。

泣いてはいけない

甘えてはいけない

間違ってはいけない

失敗してはいけない

親に従わなければいけない

などです。


自分の弱さを見せてはいけない事になりますよね。

子供らしい子供ではなく大人を要求されます。

そうなると子供の自分を封印して

大人らしく振舞わなければなりません。

泣き言なんて言えるわけがないのです。


そんな大人な自分でないと認めてもらえない

そう思い込むことになりますよね。

弱いのはダメなんだとなります。

その思考のまま大人になれば

当然、泣き言は言ってはいけないし

弱い自分ではいけないので強く見せます。


それが、本当の自分とかけ離れていると

だんだんと心身がしんどくなっていきます。


心が自律している人は

自分の弱い部分も認めて表現できます。

どんな自分でもOKなのです。

それは、自然体でいられるという事です。


ひとは完璧ではありません。

未熟なところがあって人間ですよね。

だから、支え合って生きているのです。


100%強い自分なんてありません。

誰もあなたにそれを求めていません。


力を抜いてみてください。

もし、助けを求めているのならそうしていいんです。

強がらなくていいんです。


そんな自分をあなた自身が認めて肯定してあげられますように。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心の安全基地(愛着)をつくるには?

雨の日が続きそうです。 低気圧になったり曇り空だと気分が下がる方がいらっしゃると思います。 とてもしんどいですよね。 何かわからない不安が出てきたり憂鬱になったり昔の私もそうでした。 今ではそんな事はありません。 見捨てられ不安を抱えていると対人関係でストレスがあります。 これは毎日の事で苦しいですよね。 この見捨てられ不安をコントロールもしくは無くすには 心の安全基地をつくることが必要です。 心

あきらめないで。

新型コロナウィルス感染者がなかなか減りませんね。 この先、どうなるのだろうと誰もが思い 心に影を落として何も楽しめなくなっている という方もいらっしゃると思います。 先が見えない、わからないというのは 本当に不安になりますよね。 そして、長期になればなるほど絶望感もあります。 それは、生きづらさもそうです。 ずっとこのままなのか 何も変わらないのか 変われないのか でも、このままでは辛いしと どう

自分が毒親になっていたと責めていませんか?

あんな親にはなりたくないと思っていたのに 気がつくと自分が毒親になっていたと愕然とし 自分と同じ思いを子供にさせてしまったと 後悔と自責の念をもっている方は多いです。 自分は子供に愛情を注いで良い母親になろうと 頑張った結果、同じことをしていたと気づいたり やってはいけないと思っても怒鳴ったり怒ったり 子供に愛情を注げないと苦しくなる そう悩んでいる方は多いのです。 そこにはインナーチャイルドがい

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号