他者の気分の面倒をみていませんか?

クリスマスが近づいてきましたね。

今朝は淡雪がちらほら降っていました。

いよいよ年末だな~と言う感じです。


さて、あなたは他者が機嫌悪そうな時どうしていますか?

機嫌を良くしようと明るく振舞ったり

相手を称賛したりして

必死になっていませんか?


そして、それでも機嫌が直らなければ

自分のせいだと落ち込んだり不安になったり

とっても苦しくなりませんか?




あなたのその気分は誰かが変える事はできるでしょうか?

楽な楽しい気分にしてもらえますか?

してもらえないですよね?


なのにあなたは他者の気分を変えようと必死になっているのです。

なかなか上手くいかないとしんどいですよね。


私だちの気分は、何か刺激を受けて考えが浮かびます。

その考えに基づいた感情が出てきます。

同じ刺激でも人それぞれ浮かぶ考えは違います。

そして、感情も違うのです。


出てくる考えが変わらないと気分は変わりません。

考えはその人が自分で変えないと変わりません。

当然、感情・気分もその人しか変えられないのです。


でも、幼少期から主に親の感情の面倒みる

という事をしなければならないと

それが当たり前になっていきます。

そのまま大人になるのです。

そして、対人関係がしんどくなります。


インナーチャイルドの辛かった思いを受け止め

認知行動療法で思考を変えていくことで

だんだんと楽になっていきます。


もう、他者の気分の面倒はみなくていですよ。

止めても大丈夫。

少しずつ手放していけばOkです。


応援しています。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示