• ひたかさとみ

人の顔色が気になって苦しい時は?

最終更新: 1月16日


梅雨に入ると体調不良になる方が増えます。

自律神経が乱れやすい時期ですからね。

疲れているかな?と思ったらペースダウンして

過ごしてみるといいですね。

そして、シャワーで済ませずに40℃位の湯船に10分以上浸かって

自律神経を整える事をお勧めします。


さて、思い返せば私は物心つく頃から

他者の顔色を伺っていたな~と思います。

敏感な気質で生まれた事もあるのでしょうが

弟が生まれてからは大人しい性格になって

かなり、辛い体験を重ねていました。

社会人になってからそれに拍車がかかったように思います。

その結果、うつ病になりました。


見捨てられ不安を抱えていると嫌われることが

怖くて怖くて堪りません。

それで、顔色を伺うのです。


対人関係が上手くいかない

話しが下手でしんどい

どうやって人の輪に入るのかわからない

どう思われているのかいつも気になって辛い

嫌われているんじゃないかと不安でたまらない

などなど人の顔色が気になって苦しんでおられる方は

とても多いのです。


他者の事を察して合わせなければいけないとか

楽しませなければいけないとか

怒らせてはいけないとか

相手にどう思われるかを軸に行動する事が

当たり前、普通の事と思い込んでいる方が多いのです。


これは無理もないです。

幼少期からずっと子供時代にそれをしないと

見捨てられる嫌われる

そして、自分の存在を否定されると

無意識で感じていて

自分を守るためにやってきたからです。


他人軸ではなく自分軸になれば

人の顔色を伺う事はなくなります。


楽に生きていけるようになります。


それにはインナーチャイルドを癒して育てていき

心の穴を愛情で埋める事が必要です。

そして、思考の偏りをなくすことです。


私はアダルトチルドレンを克服してからは

人の顔色が気になって相手に合わせる事はありません。

自由が手に入ります。

誰にも支配されずコントロールされずに

生きていけるのです。


あなたにもできます。


応援しています。


30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と