• ひたかさとみ

一緒に歩いていきませんか?

最終更新: 1月16日



今日は定休日。

どんよりとした曇り空で気温が上がりそうにありません。


私がうつ病やその他の症状で苦しいんでいた頃

今日のようなお天気は余計に気分が落ちていました。


投薬治療だけでは酷くなるばかりで未来が見えなくなり

生きる事を放棄したい気持ちで一杯でした。


そんな時にカウンセリングと出会ったのです。


カウンセリングでカウンセラーに話していくうちに

今までの自分が抑えていた感情があるとわかり

本当の自分じゃないんだと気づきました。


アダルトチルドレンの方は、本当に自分がわかっていません。

それは、相手に合わせた生き方をしているからです。

そうしないと生きてこれなかったのです。

無理もないですよね。


カウンセリングは安心安全な場所です。

自分を表現してもいいのです。


私は、その安心安全な場所でカウンセラーに寄り添ってもらい

一緒に歩いてくれたおかげで自分を取り戻しました。


生き方が180度変わり

自分らしく自由に楽に

そして、充実した毎日を過ごせるようになって

自己投資をして本当に良かったと思っています。


当時は、カウンセリング代は高いから

自分にこんなに使ってしまっているという罪悪感もありました。

でも、自分が変化しているのを感じるたびに

勿体ないなんてことはないよと自分に話して

人生は一度しかないからこれでいいんだと思い

最後までやり遂げたのです。


カウンセリングではカウンセラーとの間で

母子関係を体験できます。

これは自分を再生する上でとても重要です。


私は地獄から這い上がってきました。

この苦しみを体験して克服できた体験を宝物にしています。

これがあるからクライアントさまに心から寄り添えます。


私がカウンセラーに寄り添って一緒に歩いてもらったように

私もクライアントさまに寄り添って一緒に歩いていきたいと

毎日毎日、想っています。

そして、クライアントさまが一日も早く楽になられるように祈っています。


私が苦しんだからこそわかる事があります。


一緒に歩いていきませんか?

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と