• ひたかさとみ

コロナうつにならないために。

最終更新: 1月16日



最近、コロナうつという言葉を目にする事はありませんか?

感染が国内で始まった時、うつ状態になる方が

出てこられるだろうなと思っていました。

誰もが不安や恐怖を感じる事態ですからね。


自分が感じている不安や恐怖に呑み込まれる人とそうでない人で

コロナうつになるかどうかが別れてくると思います。


元々、悩みがあり不安を感じている状態なら呑み込まれがちです。

自分に自信が持てていないと様々な状況に対応する事が

とても難しく苦しくなってしまうからです。


それを回避するには、今の自分に起こっている事を

客観的にみる力判断する力が必要になります。


それを得るには、元々の悩みを解決していく事です。


インナーチャイルドがいるのなら

しっかりと訴えを聴いてあげてください。

そして、癒して成長させましょう。


また、考え方に偏りがあるのなら

それを修正していきましょう。


自分を褒めて愛していきましょう。


自分の中から出てくる考えや感情は全て肯定しましょう。


段々と少しずつ冷静な大人の自分が育っていきます。

自分を支える力がついていきます。

そうなると呑み込まれなくなってきます。


今だからこそ、自分と向き合おうとされている方が増えています。

一人で難しいならぜひ、専門家の力を借りてくださいね。


お待ちしております。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして