• ひたかさとみ

なんでいつもマイナス思考なんだろう。


9月に入ってもまだ暑いですね。

でも、少しずつ秋の気配も感じます。

秋は何となく物悲しくなる方もいらっしゃいますね。


私たちは、3歳までにたくさん感じた感情が

大人になった時に一番感じやすくなるそうです。


私は3歳までにおそらく母の話を聞くと

不安・恐怖・悲しみ・寂しさをたくさん感じていたと思います。

不安定だった頃、突然フラッシュバックする事もしばしばありました。


今では本質に戻ったため、これらの感情が強くなることは殆どありません。

ただ、クライアントさまのお話をお聴きしていると

クライアントさまが感じておられる感情は

こんな気持ちだろうなと感じます。

それは、私が過去に味わっていたから感じるのだと思います。


3歳までに不安や恐怖などをあまり体験していなければ

この辛さは理解できないのかもしれません。


マイナス思考がなかなか直らないと悩んでしまうのも

マイナスの感情を敏感に感じる脳になっていれば

無理もないと思います。


でも、マイナス思考は変えられるのです。

現に私は変わりました。


インナーチャイルドの声をしっかり聴いてあげる事

これは、とても大切です。

癒されていくと自分の本質ワンダーチャイルドに戻ります。


ただ、脳科学的にはマイナスの感情を感じる部分が発達しているので

刺激を受ければ不安や恐怖などは強く出やすくはなっています。

では、どうするか?

思考の癖を修正して刺激をダイレクトに受けないようにすれば良いのです。

そして、精神的に自律すれば嫌だなと思う事は格段に減ります。


あなたにもできます。

いつでもお手伝いさせていただきます。



33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と