• ひたかさとみ

なぜかこの人は嫌いという事はありませんか?

今日は気温が高く青空が広がりました。

自宅のクリスマスローズが咲き始めて

これから満開になった時が楽しみです。


そんな中、ふと思い出したことがあります。

それは、中学生の頃の事です。


いつも休み時間には私の所にくる女の子がいました。

その子に私から話しかける事はなかったのに

いつも笑顔でやってくるのです。


その子は、他の子たちからは嫌われていておとなしい子でした。

その頃の私は、「何で来るんだ。来ないで。」と

心の中では思うけどそれを言わずにつき合っていました。

でも、その子を見ると必ず理由もなくイライラしていたのです。

冷たい態度もとったかもしれません。


今だからどうしてそうだったのかわかります。

それは、小学校までの私を投影していたからです。

幼稚園のころから私は誰の目にも見えていない

そう思って孤独感と恐怖感がずっとありました。

とてもおとなしくて自分から話すことはありませんでした。


小6の時、もうこんな人生は嫌だ!と思い

中学に入るとキャラ変したのです。

他の子と同じようにしゃべる子になる

そうすれば私がここにいるとわかる

そう思ったからです。

これは、我慢して言いたい事を言わずにいる

それを止めるということなります。

とても勇気のいる事でした。

そうやって頑張っているのに

その子は私以外には話さない

いじめられても黙っている

それが私を投影させたのです。

嫌いな自分を変えようとしているのに

目の前に嫌いな自分がいるわけです。

それは、イライラしますよね。


もし、その子に会えるならごめんねと謝りたい気持ちで一杯です。


誰かに誰かを投影することは皆さんあります。

それにすぐ気づけば気持ちが変わります。

イライラしたり憂鬱になったり怖かったりはなくなるのです。


あなたは誰かを誰かに投影していませんか?


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

心に安全基地をつくって本当の自由を手に入れましょう。

初夏らしくなってきましたね。 朝晩の寒暖差が激しい日もあり 何を着ればいいのか迷ったりします。 うつ病だった頃は季節の変化など 全く楽しむ余裕はありませんでした。 いかに生き延びるかで精一杯でしたから。 今は感じる事ができて幸せです。 うつから回復したのもアダルトチルドレンから カウンセリングを受けて回復したからです。 私の心の中はいつも不安で一杯でした。 他者に良く見られることで自分の価値を感じ

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて