• ひたかさとみ

どんな相談内容が多いの?

最終更新: 4月28日


今日は晴天。

気持ちが良いですね。

寒暖の差が激しいのでどうぞご自愛ください。


さて、当センターでのご相談内容で一番多いのは

アダルトチルドレンで生きづらいと言うものです。

具体的には、嫌われるのがとても怖くて自分を出せない

気分の波や落ち込みがある

我が子なのに可愛くない、愛せない、ひどく怒ってしまう

ママ友の輪に入れない

アダルトチルドレンを克服したい

母親との関係が悪くて苦しい

親から虐待を受けてトラウマがあり人を信用できない

夫とうまくいかない、または依存している

不倫をしていてやめられない

夫が不倫をしていてどうしていいかわからない

恋愛がうまくいかない

職場での対人関係がうまくいかない

何かの依存症で治したい

うつ病や双極性障害・パニック障害が治らない

人と目が合うのが怖くて社会に出られない

などです。

もちろん、他にもあります。


心療内科や精神科に通院しているけどお薬だけでは治らないとか

病院からの紹介でお見えになる方も沢山いらっしゃいます。

もし、このような事でお悩みでしたら

独りで抱え込まずに心理カウンセリングを利用することは

とても有効だと思います。

どうぞお気軽にご相談ください。


また、この位で相談していいのだろうか?と思う必要はありません。

お悩みに大きいも小さいもありません。

あなたが苦しいならそれは立派な悩みなのです。


そして、話すのに勇気が要るかもしれませんね。

でも、カウンセラーはご相談者さまがそう思ったり考えたり感じたりするのは

そうなった背景があるから当然の事で無理もなく何もおかしなことではないし

とても苦しいだろうなと思ってお話を真剣にお聴きしています。


どうそ安心してお話しくださいね。

お待ちしております。


アダルトチルドレンについてはこちら

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と