• ひたかさとみ

どうしていつも嫌な目にあうんだろう?

最終更新: 1月16日


カウンセリングでクライアントさまのお話をお聴きしていると

昔の私みたいだな~と思う事がしばしばあります。


悩みはほとんどが対人関係ですよね。

いつも相手の顔色が気になって神経を使い

毎日がクタクタになります。

また、何でこんなに嫌な目にあう事が多いんだろうと

憂鬱だったり不安だったりイライラしたり

これも苦しいです。


誰かに自分と反対の意見を言われたり

想像と違う反応だったりすると

私自身を否定されたと思ってしまいます。

これはかなりきついです。


昔の私もこういう場面では動揺して

不安と恐怖が襲ってきていました。


その正体は見捨てられ不安です。


子供時代に安心して暮らすことができなければ

見捨てられ不安を抱えます。


それを感じないように相手に合わせます。

それでも違う意見を言われたりすることがあります。

そうなると足が地につかなくなります。


無条件に受容され愛されて育つことがないと

こんな私はダメなんだと思うようになります。

相手が否定的な言動をすると

その事柄や行動に対して違うと言っていても

見捨てられ不安があると私自身を否定していると捉えます。

幼少期からそう感じていれば無理もありません。


自己肯定感ができれば嫌な目にあうことは

ほとんどなくなってきます。

楽に生きられます。


この世の中は心の現実では暗く苦しい場所だと思います。

でも、現実の世界はそんな事ばかりではありません。

あなたも明るい場所に出る事ができますよ。


応援しています。

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アダルトチルドレンとうつ病の関係は?

雨が降ったり止んだり。 どんより曇り空。 気分が落ち込んでいませんか? さて、うつがなかなか治らないとか再発するという方の中には アダルトチルドレンの方がいます。 アダルトチルドレンの方は考え方に偏りがあるため 極端な考え方や思い込み、先読みをするなど 自分の評価やひとに嫌われたくないなどから かなりのエネルギーを使っています。 根本が変わらないと、お薬だけの治療では限界がある事もあるのです。 お

愛着障害とは?

愛着と言う言葉を聞いた事はありますか? これは、乳幼児期に母親とのかかわりで形成されるものです。 この愛着がうまく形成されないと不安を持つようになり 自分に自信が持てなくなります。 生まれてから最初に獲得する必要がある信頼を 母親とのかかわりで得るのです。 赤ちゃんは泣くことで食事や抱っこや心と体のケアを求めます。 その欲求に対して母親が赤ちゃんに愛情持ってかかわっていくと 赤ちゃんは安心します。

苦しみはなくならないと諦めていませんか?

今日はずっと雨が降っています。 どんよりとして暗い空。 時々、自分がうつ病で生きるか死ぬかの 苦しくて辛かった時期の事を思い出します。 その頃の心の中は、良くて今日のようなお天気。 いつもは洪水が起きそうな土砂降りに強い嵐。 当時は、この苦しみが本当になくなるのだろうかと 苦しすぎて疑いを持ったことがあります。 そして、よく乗り越えたなと思います。 何度も生きるのをあきらめかけたのに 今、こうして