• ひたかさとみ

こんな時に認知療法をやってみましょう。

最終更新: 4月28日

今日はどんよりとした曇り空。

それだけでも気分が落ち込むこともあるかもしれませんね。


普段、物事に対しての見方や考え方に偏りがあると

自分にとってしんどい行動をとることになります。

こころの奥底は、「本当はこうしたい」と言うものがあるのに

それとは違った行動をとり続けるとうつ状態になることがあります。


物事に対しての見方や考え方(認知)の偏りを修正していくと

うつ状態が改善されることが多くあります。

その認知療法で、当センターにお見えになる方も

ずいぶんと楽になられています。


ひとりで抱え込まずに周りにある資源・・・

心理カウンセリングを活用することは

決して恥ずかしいことではありません。

また、敷居の高い場所でも特別な場所でもありません。


どうぞお気軽にご利用ください。


認知行動療法についてはこちら

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と