• ひたかさとみ

うつっぽくなっていませんか?また、今後そうならないためには?



緊急事態宣言が出されて1週間。

福岡は急激に感染者が増えています。

毎日、緊張と不安を抱えて過ごされている方が多いと思います。


先が見えないため、いろいろな事を考えたり

感染予防を強迫的にしてしまって神経が疲れ切っていたり

常に緊張状態でいると身体も心もそして脳も疲弊していきます。

そうなるとうつっぽくなってしまう方がいます。


また、今は緊張して気を張って張り詰めているため

活発に動けている方もおられると思います。

逆に調子が良いなと思うかもしれません。

そういう方は、コロナが終息し始めると気が緩み

どっと疲れが出てうつっぽくなります。


いずれにしてもうつっぽくまたはうつ病になる方が

今後、増えていくのではと思っています。


うつ病は、言葉では言い表すことが難しい辛さがあります。

私自身が体験しているのでわかります。


では、どうすればいいのか?


それは、ストレスに対処する力をつけることです。


それにはどうするのか?


自己肯定感が持てるようになる事です。


先の事を過剰に不安に思ってあれこれ考えるのが止まらないとか

気を張り詰めていつもより行動量が増えていたりするのは

どちらも極端ですよね?

真ん中がないのです。


自分に自信がない方は思考が極端に偏っています。

そうやって今まで自分を守ってきたからです。


嫌な事が起きないように不安を見つけて

どうすればいいのか考えて

傷つかないように自分を守ったり

無理に思考をポジティブに変えて不安を感じないように

テンションを上げて行動をして自分を守ったりと

これは、今始まったことではなく

ずっとそうしてきたのです。


その生き方が、この事態になってより過剰になって

疲弊している事に気づいていないかもしれません。


うつ病になってから立て直すのはとても苦しいものです。


今、やれる事は自分と向き合い

今まで抱えていた課題を整理して解決する事です。


偏った思考を変えていくには認知療法や認知行動療法をやったり

インナーチャイルドの声を聴いて受け止めて成長させる事が必要です。


そうやって立て直していくと自己肯定感が持てます。

真ん中のグレーゾーンもできます。

過剰に不安を抱えることはなくなります。


独りで抱え込むと危険です。

専門家に話すことで気持ちも軽くなります。


自分と向き合うのも一人ではなく

カウンセラーの支えがあります。


今、うつっぽくなっていたり逆に調子がいいなという方は

ぜひ、自分と向き合ってみてくださいね。


応援しています。


※当センターは、スカイプカウンセリングで対応させていただいております。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。


フォロー

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号