• ひたかさとみ

あなたを救えるのはあなたしかいません。

最終更新: 1月16日


とても苦しいと誰かに助けてほしい

誰かに救ってほしい

と思うのは無理もないです。


私も苦しかった時期がありますが

誰かに助けてほしいと強く思っていました。


自分でどうしていいかわからないし

理解してくれる人もいないし

話せる内容じゃないし

誰にも言えないし


独りで苦しむしかありませんよね。


そして、自分ではどうにもならないと

誰かにすがりたくなります。

自然な気持ちだと思います。


私はその時にカウンセリングと出会いました。

当時、まだあまり知られていなくて

何をするところなのか全くわかりませんでした。


通い始めて初めて私の事をわかってくれる人に出会った

という喜びがありました。

生まれて初めての体験でした。

これで何とかなるかもしれないと思いました。


その思いの中には、自分で変わるんだという気持ちと

カウンセラーが何とかしてくれるんじゃないかと

両方がありました。


カウンセラーに助けてほしい気持ちが強くなる

そこだけを頼っても自分はなかなか変われない

でも、あまり変われないと感じると苦しさが増す

だから、またすがりたくなる

でも、そうすると変われない

これを何度も繰り返していると

自分を救うのは自分しかいないのかもしれない

そう思うようになりました。


ならば、カウンセラーに支えてもらいながら

自分でやるしかないと腹をくくりました。

救えるのは自分なんだと。


結果としてカウンセラーに支えられながら

自分を変えた救ったのは自分だったと実感したのです。


カウンセラーは、クライアントさまがお悩みを解決するために

一緒に歩いて一緒に解決していくサポートをする伴走者です。


解決するためには何が必要なのか、何をすればいいのか

クライアントさまのお話をお聴きしながら見立てて

お話してお伝えしています。

それをやるのはクライアントさま自身なのです。

その方の力でそれができるのです。

クライアントさまが頑張ったから変われたのです。

クライアントさまが自分自身を救ったのです。


だから、あなたにもできます。


応援しています。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と