• ひたかさとみ

あなたを救えるのはあなたしかいません。

最終更新: 1月16日


とても苦しいと誰かに助けてほしい

誰かに救ってほしい

と思うのは無理もないです。


私も苦しかった時期がありますが

誰かに助けてほしいと強く思っていました。


自分でどうしていいかわからないし

理解してくれる人もいないし

話せる内容じゃないし

誰にも言えないし


独りで苦しむしかありませんよね。


そして、自分ではどうにもならないと

誰かにすがりたくなります。

自然な気持ちだと思います。


私はその時にカウンセリングと出会いました。

当時、まだあまり知られていなくて

何をするところなのか全くわかりませんでした。


通い始めて初めて私の事をわかってくれる人に出会った

という喜びがありました。

生まれて初めての体験でした。

これで何とかなるかもしれないと思いました。


その思いの中には、自分で変わるんだという気持ちと

カウンセラーが何とかしてくれるんじゃないかと

両方がありました。


カウンセラーに助けてほしい気持ちが強くなる

そこだけを頼っても自分はなかなか変われない

でも、あまり変われないと感じると苦しさが増す

だから、またすがりたくなる

でも、そうすると変われない

これを何度も繰り返していると

自分を救うのは自分しかいないのかもしれない

そう思うようになりました。


ならば、カウンセラーに支えてもらいながら

自分でやるしかないと腹をくくりました。

救えるのは自分なんだと。


結果としてカウンセラーに支えられながら

自分を変えた救ったのは自分だったと実感したのです。


カウンセラーは、クライアントさまがお悩みを解決するために

一緒に歩いて一緒に解決していくサポートをする伴走者です。


解決するためには何が必要なのか、何をすればいいのか

クライアントさまのお話をお聴きしながら見立てて

お話してお伝えしています。

それをやるのはクライアントさま自身なのです。

その方の力でそれができるのです。

クライアントさまが頑張ったから変われたのです。

クライアントさまが自分自身を救ったのです。


だから、あなたにもできます。


応援しています。

最新記事

すべて表示

あきらめないで。

新型コロナウィルス感染者がなかなか減りませんね。 この先、どうなるのだろうと誰もが思い 心に影を落として何も楽しめなくなっている という方もいらっしゃると思います。 先が見えない、わからないというのは 本当に不安になりますよね。 そして、長期になればなるほど絶望感もあります。 それは、生きづらさもそうです。 ずっとこのままなのか 何も変わらないのか 変われないのか でも、このままでは辛いしと どう

自分が毒親になっていたと責めていませんか?

あんな親にはなりたくないと思っていたのに 気がつくと自分が毒親になっていたと愕然とし 自分と同じ思いを子供にさせてしまったと 後悔と自責の念をもっている方は多いです。 自分は子供に愛情を注いで良い母親になろうと 頑張った結果、同じことをしていたと気づいたり やってはいけないと思っても怒鳴ったり怒ったり 子供に愛情を注げないと苦しくなる そう悩んでいる方は多いのです。 そこにはインナーチャイルドがい

本当の気持ちわかっていますか?

なんでいつもいやな気分になるんだろう? どうしてこんなに苦手な事が多いんだろう? いっつもいっつも同じ そう思っていませんか? 生きづらさは感じているけど どうしたいのかどうなりたいのかがわからない という方は多いものです。 それは、本当の気持ちがわかっていないからです。 私たちは意識と無意識があります。 その意識は1割で9割は無意識と言われています。 今、生きづらいと思っているのは意識です。 残

問い合わせ

092-715-8830

住所

福岡市中央区大名2-10-3シャンボール大名C棟506号