• ひたかさとみ

あなたの中にある禁止令は何?

最終更新: 1月16日


今日も抜けるような青空。

冬になると福岡はどんよりとした曇り空が多くなります。

そうなると気分が落ちる方も出てきますね。

冬季うつです。


うつ病を再発する方は、思考の偏りがあります。

この思考は、生まれてから関わった大人たちの影響が

とても大きいのです。


子供時代によく~してはいけないと禁止ばかりされていると

自分自身がダメな人間なんだと思うようになります。


そして、こうあらねばならないという思考ができます。


~してはならないという禁止令

こうあらねばならないというドライバー

というものを持つようになるのです。


このドライバーが自分を突き動かします。

たとえ、どんなに大変な事でもやります。


例えば、兄弟姉妹がいていたずらをして

母親に怒られることが多いとします。

その時に、泣きわめくと泣き止みなさいと

またまた怒られます。


すると、それを見ていたずらはしてはいけない

泣いてはいけないという禁止令を受け取ります。

そして、いつもいい子でいなければならないという

ドライバーを持つようになります。


いたずらは子供らしい行為ですよね。

それをやってはいけないとなると

その気持ちを抑えて別の自分をつくる事になります。


たくさんの禁止令とドライバーを持つと

本来の自分ではないので生きづらくなるのは

当然の事なのです。


カウンセリングではこの禁止令とドライバーを見つけ

変えていく事ができます。


段々と本来の自分に戻っていくのです。


本来の自分を取り戻せば自由が手に入ります。


とても生きやすくなりますよ。


応援しています。







24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

当センターのカウンセリングの特徴は?

毎日、クライアントさまのお話をお聴きしていると 自分自身の幼少期の事を思い出すことが多いのですが ついこの間のような感じがしつつ でも、かなり昔の事なんだと思うと 時が経つのがとても早く感じます。 暮らしや風景も様変わりしていて 子供らしく過ごした人にとっては とても懐かしい思い出になっているのだろうと思います。 私は、あまり子供時代の記憶がありません。 それだけ辛い思いをしていたんだなと思うと

私がうつ病を克服した方法とは?

昨日は、冬に逆戻りと言った感じで今日は夏が近いかなと 気温が上がったり下がったりで自律神経が乱れやすくなっています。 気温や天候は私たちの身体と密接な関係にあります。 私たちは朝起きて太陽に光を浴びて 交感神経が活動できる状態にします。 その光を浴びることで夕方から 副交感神経が優位になってきて 眠くなるのです。 冬は朝から太陽の光を浴びれない事が 多くなってきますよね。 それで、自律神経が乱れて

自分の愛し方は?

私たちは、自分の考え方の癖や行動の癖をわかっていると 嫌な気分にならずにすみます。 あなたは身体と心にもアンテナを常に張っていますか? アンテナを張れるようになると 物事の見え方も変わり自分の事もわかってきます。 その為にも、自分と向き合う時にこれを習得すると だんだんと変わっていきます。 それは・・・ 「自分を愛する」です。 よく耳にしていらっしゃると思いますが どうやればいいのかわからない と