【HSP】周りの顔色が敏感に気になる時は?

「HSP」敏感すぎる気質の方を言います。

最近、この言葉をよく耳にされると思います。


私自身、この言葉を知った時、私の事だと思い

色々なことが腑に落ちました。


その中でも、周りの顔色がいつも気になり

怒っている人や機嫌の悪い人がいると

私が怒られているような気持になったり

なんとかして収拾しなきゃと思っていましたが

敏感な気質のために相手の感情がわかってしまい

自分の心の中に入れていたんだなと思いました。


これは、ACの方も同じような状態になっています。

HSPもあるとかなり苦しいものです。


HSPの方もACの方も他者との心の境界線があいまいになっています。

他者の気持ちを自分の心の中に入れてしまい自分のものになりがちです。

他者の気持ちをいつも感じていてはしんどくて身が持ちませんよね。


では、どうするのか?





私たちの感情は誰がつくるでしょうか?

何かを体験すると考えが出てきます。

その考えにもとづいて感情が出ます。

同じ体験をしても考えが違えば感情も違います。

感情は自分が作っているのです。

という事は他者の感情の面倒は見れません。

その事を忘れないようにしましょう。


そして、自分の心に入れないようにしましょう。

自分の体の周りにバリアをはって入れないイメージです。





だんだんとできるようになります。


応援しています。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示