【HSP】他人の気持ちがわかってしまって辛いなら。

最近、HSPという言葉をよく目にしますね。

この言葉を知った時、これ私の事だと思いました。

私がカウンセリングを受けていた頃は

この言葉はありませんでした。


当たり前と思っていたことも実は違っていたり

何で他の人は平気なんだろうと思う場面もあり

何でなんだろうと思っていましたが

この概念を知って腑に落ちました。


そして、アダルトチルドレンから回復したことで

HSPで辛い部分が軽減されているとわかりました。

変えられない部分は、それぞれに合った対処法を

知らず知らずのうちに身につけていました。


HSPの特徴の中で一番辛いのは

他人の気持ちが自分の中に入ってくることかもしれません。

周りにいる人たちの感情がすぐにわかってしまい

自分がその感情を味わって疲れます。

また、何とか相手を楽にしようとしてしまいます。

人が多い所は辛いですよね。


これはアダルトチルドレンの人にもあることです。

見捨てられ不安を抱えていると

他者の精神的な面倒をみようとします。

そして、他者とも心の境界線があいまいです。

そこを改善すると他者の気持ちがわかっても

自分のものと区別できるようになり

面倒を見ようとしなくなります。

また、他者の気持ちがわかることは

長所・強味として役に立ちます。


HSPの特徴をマイナスにみる必要はありません。

見方を変えると長所になる部分もあります。


あなたも生きやすくなりますよ。


大丈夫。


応援しています。


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示